So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

父が選んだ「行き先」 [おくすりばこ]

間に、友引の日があると、ちょっといろいろといいことがある。
ぽっかり空いた時間に、雑談や、思い出話ができたりする。

「葬儀が済んだら、父の遺骨はどうするか?」
実家に1人で置くわけにもいかず、
長男である兄のところ(鎌倉)か?
お盆が終わったばかりで、祭壇も片づけていない私のところ(藤枝)か?
いろいろな道具も揃っているし、7日ごとのすることもやったばかりだし、
父は藤枝で預かろうか?ということになりかけた。
ところが、翌日の話では、やはり兄のところの方が…、と迷い、
鎌倉行きが濃厚になった。

その結論は…、父が自分で決めた!

続きを読む


酷暑の夏をくぐり抜けて、蛍の光は天に昇る。 [おくすりばこ]

父の訃報を受けて、夜中だけれども、浜松の業者に電話をする。
袋井の施設から、浜松の会館まで、直送して欲しいこと、
セレモニーまでの間も、父と家族を滞在させて欲しいこと、
お通夜から葬儀まで、どちらも椅子席の会場でやらせて欲しいこと、など
こちらの希望を話し、先方の空き具合を聞く。

三線おやじの時もそうだったが、今回も自宅には立ち寄らない。
「家に帰るのは、骨になってからでいい」
これは、三線おやじのセリフだったが、その通りにすることで、
私はかなり体力を温存させてもらった。
今年の夏は、たまらない酷暑だ。
エアコンが壊れている実家で、父が数日過ごすことは難しい。

夜中にもかかわらず連絡したからなのか、意外にも、
部屋も、セレモニーをする会場も、希望どおりのところが取れた。
お寺さんの予定さえよければ、斎場も大丈夫らしい。

お通夜は5日、葬儀は6日になった。
図らずも、友人のお父様と同じ日程になった。
翌日、友人に連絡をして、行けないことを侘び、
お互いに自分ちのことをがんばることにした。
気持ちは、よく、わかるよ!

続きを読む


暗闇に「ジュピター」が流れた…。 [おくすりばこ]

その連絡は、9/3(金)の夜開け前にやってきた。

0909_3.jpg

午前3時過ぎ、トイレに入っていると、
暗闇の中から「ジュピター」が聞こえてきた。
2階の電話の着信曲だ。もたもたしていたら、切れた。
こんな時間の電話、あまりいいことの訳がない。
続いて、携帯電話が鳴る。
父が入所している施設からだ。
覚悟を決めて、電話に出る。


続きを読む


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。