So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「四苦八苦」 [おくすりばこ]

2011年7/14(木)、父方の伯母(長兄の妻)が亡くなり、
7/16(土)にお通夜、7/17(日)に告別式がありました。
0718_6.jpg

それで、7/15(金)の父の寺施餓鬼と合わせて3日間、
浜松に通うことになりました。


浜松では、告別式の後、火葬場にて荼毘に付します。
その後、近親者が三日目の法要に出席します。

藤枝では、先に荼毘に付してから、告別式に臨みます。
そして、初七日の法要を営みます。

同じ県内でも、しきたりは違いますね。

この日、伯母の菩提寺の「おっさま」(浜松では和尚様のことをこう呼びます。)が
なさった法話は、「四苦八苦」についてでした。
四字熟語としての「四苦八苦」は馴染み深いですが、
いざ「意味は?」と訊かれれば、答えることができません。

「四苦八苦」の「四苦」とは…?
「生老病死」つまり
「生きること」「老いること」「病気になること」「死ぬこと」。
そして、さらに「四苦」あり、それらを足して、「八苦」になると。

そのひとつが「愛別離苦(あいべつりく)」。
「愛別離苦」というのは、「愛する者と別れなくてはならない苦しみ」。
「おっさま」は、伯母が亡くなったことにより、その家族たちに、
「愛する者と別れなくてはならない苦しみ」があることを話し、
それでも嘆いてばかりではいけない。
残された者は、「明るく」「楽しく」「正しく」
生きて行かなくてはならないと、話されました。

不意に、こういうことを意識することになり、
妙に腑に落ちて納得したというか、困ったことに泣けてきました。
伯母のためには、いいことなのですが、
従姉妹たちに「大丈夫?」と心配されればされるほど、
涙が止まらなくなって困りました。
ちょっと、格好悪いほどに…。
ぱらぽんは、小さい頃から泣き虫だったので、
姉兄や従姉妹たちには、見慣れていることだったかも…。
相変わらずね~♪と思われていたかもしれない…。

気になっていたので、家に帰ってから、残りの「三苦」を調べました。
怨憎会苦(おんぞうえく) - 怨み憎んでいる者に会う苦しみ
求不得苦(ぐふとくく) - 求める物が得られない苦しみ
五蘊盛苦(ごうんじょうく) - あらゆる精神的な苦しみ
これに、先ほどの、
愛別離苦(あいべつりく) - 愛する者と別離する苦しみ
を足して、「八苦」になるそうです。

ああ、生きていくことは、まさに「四苦八苦」だなあ、
ここ数年のぱらぽんは、「四苦八苦」だったなあ~。
まだまだ、しばらくはかかるだろうなあ~。

ポイントは、「明るく」「楽しく」「正しく」生きること!
とりあえずは、努力しているような気もしますが、
なかなかね~。

そうそう、
「四苦」=4×9=36
「八苦」=8×9=72
36+72=108
って、偶然でしょうか?
除夜の鐘は「108」、煩悩の数だけ撞く、といいますものね。

まあ、ぱらぽん的には、実力をアップしていき、
その達成感で、喪失感を埋める、という作戦なのですが、
いかんせん「四苦」の「老」が立ちはだかりますのでね~。
何とか「朗」で応戦しちゃいましょうかね~。

はるの伯母さま、
ご冥福をお祈りいたします。
合掌
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

チョビ

 ブログ読んで、つられてウルっとしてしまいました。
大変な中お姉さま達とお寄りいただき、ありがとう
ございました。
「明るく」「楽しく」「正しく」生きるは、
まるで、ぱらぽんさんそのものと、思いました。
 今回の展示を振り返り、随分いい出会いを
いただいているなあ。と私も泣けてきました。
年かなあ。すぐ涙が出てきます。
by チョビ (2011-07-19 14:47) 

ぱらぽん

チョビさん、泣かせてごめんね。
姉たちは、ぱらぽんに連れられて、あちこち出かけた結果、
いいお友達がいるようだから、大丈夫よね~などと、
話していたようです。
いつも、ぱらぽんを気に掛けてくださる皆さま、
いつも、ありがとうございます。

チョビさん、展示こそが生き方そのものだと思います。
いい年を重ねていらっしゃると思いますよ!
これからも、どうぞよろしく!!

by ぱらぽん (2011-07-19 21:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。