So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「タタミベンチ」ができあがるまで その8 [タタミベンチ]

お陰様で「タタミベンチ」は、無事できあがりました。
ブログでは長々と書きましたが、作業をやったのは、
実質、1/21~24(木~日)の4日間でした。
手順等を忘れないように、書き留めておきたかったので、
なるべくくわしく書いていたら、「その8」にまでなってしまいました。
気長に読んでくださった方、おつき合いいただき、ありがとうございました。

さて、今回は、ちょっと失敗談をご紹介しておきます。
もしも、このブログをご覧になった方が、
タタミベンチを作ってみようかな?と思われたり、
木の作品を作ろうかな?と思われたときに、
参考にしていただけたら…、と思いましたので。

ボンドの話

木工の作品を作るとき、仮止め用に木工ボンドを使いますが、
ボンドの量が多くなってしまうことがあります。
接着すると、あまったボンドは、はみ出してしまうので、
その処理が必要となります。

01_24ボンド.jpg
まだ柔らかいうちに厚紙等で、こそげて取りましたが、
きれいに除去はできませんでした。
後で、ヤスリも掛けましたが、なかなかきれいにはなりません。
オイル塗装するときには、ボンドが残っているところは、
オイルが充分に入っていかないので、やはり大事なことは、
最初からはみ出さないように気を付けることかな?と思いました。


ダボの話

今回ダボも自分で作りましたが、
その材料の取り方、向きについて、反省点がありました。

01_22ダボ作り.jpg
ダボを取る板の向きについてですが、この方向でない方が良かったようです。
材料の切り口の方向から、この写真で言うと、
垂直の方向からダボをとった方が良かったのです。

01_22ダボ.jpg
このように取ってしまったので、ダボを打ち込むとき、
プラハンマーで叩くと、木目の繊維で割れてしまうことがありました。
ですから、ダボを取るときは、縦の方向にとった方がいいようです。
つまり、ダボの断面図がしましまになるようなイメージです。
この次、やることがあったら、そうします!

タタミベンチを作ってみた感想ですが、三線おやじが言うとおり、
きちんと印を付けて、確実に進められるような工程を踏んでやれば、
ちゃんとできるもんだな!と思いました。
そうなると、一番大事なものは…、設計か!?

もしも、このブログを見て、タタミベンチを作ってみたくなった方!
畳は杉山製畳さんにお願いして、ベンチは自分で作ってみませんか?
設計は、三線おやじがお手伝いできるかもしれません。
(ただし、体調の善し悪しにも寄りますが…。)

杉山製畳、ミッタンさんのHPは、こちら。
http://www2.wbs.ne.jp/~ked-oa/t-koukoku.html

皆様、大変ありがとうございました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。