So-net無料ブログ作成
検索選択

「大旅籠柏屋・畳表の裏返し物語」 その2

2011年12/25(日)夜、畳屋さんから電話があって、
「夜なべ仕事をするから、見学に来てもいいよ!」ですって。
ならば行かねばっ!とお邪魔してきました。

大旅籠柏屋の畳です。
1227_18.jpg
横には、前回畳を製作したのが誰なのか、分かるようにラベルが付いています。
長年使っている畳は、その場所によって修復の必要が生じます。
たとえばこちら。
1227_19.jpg
少し中に入ったところがへこんでいますね。
こういうところを修正しながら、畳表の裏返しをしていきます。

1227_20.jpg
以前の縫..
ぱらぽん

畳ができあがるまで その8

*** 畳ができあがるまで その8 ***

長々とルポさせていただきましたが、
ぱらぽんが特注した畳は、無事に完成いたしました。
忍耐強く読んでくださった方、ありがとうございました。

「その8」では、これまでにふれられなかったことをご紹介します。

65_台.jpg
これは、最初に畳床が乗っていた作業台です。
「台」と呼んでいるそうです。
以前は、施主宅にこの台を持っていき、
そのお宅の庭などで、畳替えの作業をしたのだそうです。
最近の畳替えは、朝取りに行って預..
ぱらぽん

畳ができあがるまで その7

*** 畳のできあがるまで その7 ***

さて、片側の縁ができました!

55_もう一度寸法.jpg
ここでもう一度、畳の幅の寸法を測ります。

56_裁断.jpg
印どおりに、畳表をカットします。

57_包丁.jpg
端の部分をカットするのは、なんと包丁!

「その6」で説明しきれなかったのですが、
実は、縁を縫うときに、畳床のカットも一緒にしているのです。

41_縁縫い調整.jpg
この写真は「その5」で、畳を両用機にセットしたときのものですが、
畳表の端が、寸法の印(「その3」で赤い線を引いたところ)で、
そ..
ぱらぽん

畳ができあがるまで その6

*** 畳ができあがるまで その6 ***

「その5」で縁布の裏を上にして、縁を縫いました。
46_折りクセ.jpg
次には、縁布と縁下紙を表に返します。
縁下紙の表側の色は、黒いんですよ。
このとき、千枚通しのような「縁引き」の柄の部分を使って、
しっかり折りクセを付けます。

47_折る.jpg
ほら、いつも見ている畳の縁になってきましたね!

48_タッカー.jpg
縁の端の部分は、タッカーで留めます。
上に乗っているのが、その針です。

次は、縁布の反対側の始末です。

49_斜めに.jpg
この両用機、すご..
ぱらぽん

畳ができあがるまで その5

*** 畳ができあがるまで その5 ***

畳の短い辺、框(かまち)を縫う工程が終わり、
今度は、長い辺に縁を付ける作業に移ります。

37_寸法そろえ.jpg
長い辺の耳を切り落とすために、アルミの定規を印のところに合わせておきます。
「その1」で3ヶ所の切り取ったところです。

38_裁ち落とし.jpg
定規の横に縁引きを刺して、動かないように固定し、
余分な耳を裁ち落とします。

さあ、これからもうひとつの機械が登場します!
もうひとつの機械というのは、こちら。
39_縁縫い機.jpg
縫着機とか、両用機..
ぱらぽん

畳ができあがるまで その4

*** 畳ができあがるまで その4 ***

畳の框(かまち)部分を縫う機械は、こちら。
24_ミシン.jpg
大きなミシンのようです。

上糸は、こちら。
27_上糸.jpg

下糸は、やはりミシンと同様、ボビンに巻かれ、ボビンケースもあるんですよ!
26_ボビン.jpg
左端のピンクのが、普通のミシンのボビンです。
いかに畳用のが大きいかが、わかるでしょ!

その機械で縫った縫い目が、こちら。
25_縫い目.jpg
普通のミシンと違うところは、針が斜めにスライドして、
畳の横から、裏に向かって縫われる点です。

..
ぱらぽん

畳ができあがるまで その3

*** 畳ができあがるまで その3 ***

まずは、こちら。
14_大曲定規.jpg
この道具、「大曲(おおがね)定規」というそうです。
裁断した框側に一辺を当てて、正確な直角のラインを、長い辺側に引きます。

15_直角印.jpg
手前の赤い線が見えますか?

ひっくり返して、反対側にも直角のラインを引きます。
16_裏側.jpg
これは、畳床の裏側!

畳の表替えを頼むお客さんで、「畳床も裏返して!」と言う方がいるそうですが、
畳床には裏表があるため、ひっくり返すことはできないそうです。
畳床の表..
ぱらぽん

畳ができあがるまで その2

*** 畳ができあがるまで その2 ***

まず、初めに見ていただきたいのが、この機械。
06_框縫い機.jpg
「框(かまち)縫い機」
「框(かまち)」というのは、住宅用語では、
床の間玄関など、床の高さが変わるところに渡す化粧材や、
建具の四辺を固める部材のことをいうそうですが、
畳では、畳縁(たたみへり)を付けていない、
短い辺をのことを「框」というそうです。
これは、その「框」を縫うまでの作業をする機械です。

この機械の上に、畳床を置きます。
07_長さの印付け.jpg
これは、長..
ぱらぽん

畳ができあがるまで その1

藤枝市北部、瀬戸谷にある杉山製畳さん、(小枝さんの旦那様、ミッタンさんのお店)で、
ぱらぽんが作りたい「タタミベンチ」の畳部分を作ってくださることになり、
1/13(水)に「作業をするよ!」と教えていただいたので、
カメラを片手にルポしてきました。

せっかくなので、なるべくくわしく、「畳ができあがるまで」を、
ご紹介したいと思います。

あらかじめお話しておきますが、ここで作っているのは、
タタミベンチ用の特注サイズの畳です。
一般の畳製作工程と違うとこ..
ぱらぽん
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。