So-net無料ブログ作成
検索選択

父親が成長する物語 「Real Steel(リアル スティール)」 [映画館へ行こう!]

舞台は2020年(と、出ていたと思う…)近未来のアメリカ
豊かな小麦畑が続き、収穫を祝うような「カウンティフェア」が行われていて、
お決まりの移動遊園地もある。
その中のイベントとして行われるのが、「Real Steel」。ロボットによる格闘技
会場の雰囲気は…、ロデオ会場そのもの。

1222_1.jpg


才能あふれるボクサーだったチャーリーが、戦いの場をロボットに奪われ、
自暴自棄に暮らす日々…。
元妻が亡くなり、1人になってしまった息子マックスと再会。
一時的に一緒に暮らす事になり、成長していくお話。
息子ではなく、父親が!です。

やはり、ロボット&ゲーム先進国・日本を一目置いているのか、
「極悪男子」「ATOM」など日本を意識した表現も…。
スティーブン・スピルバーグ/ロバート・ゼメキスが製作総指揮とくれば、
うなずけます。

ロボットが代わりに闘うというモチーフでは、
日本の漫画「疾風!アイアンリーガー」を思い出しましたが、
「Real Steel」は、アメリカンテイストでした。
アメリカ人の多くが、心の中に抱いているであろう
「故郷」の風景がベースにありました。

「絆」を信じること!運命は変えられる!
大作の次に観るのもいいかも…、です。
オフィシャルサイトはこちら
マックスとATOMが一緒にダンスをするところ、
チャーリーとATOMがトレーニングをするところ、
美しくて…、好きです♪
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。