So-net無料ブログ作成

The Way to the 「ICAF(国際陶芸フェスティバル)」 レポート その3 [旅ルポ]

えらそうにもったい付けてタイトルを書きましたが、
「ICAF(International ceramic art festival in Sasama:
国際陶芸フェスティバル in ささま)」へ行く道は、
大変なものがあり、とても面白かったのでレポートしちゃいます。
若干、鉄分が高めになっておりますので、あらかじめご了承ください。

笹間に行く道は、過去の台風や大雨で、あちこちの山道が崩れて、
3日前には、静岡の藁科の方から行く道しかないと言われました。
友人に相談してみると、みんな、ぱらぽんの運転技術を知っているから、
口々に「やめた方がいい」と言ってくれるのでした。
でも、このイベントは、陶芸界(?)にとって、
初めての大きな一歩になる気がしていたので、
やめる気は、さらさらありませんでした。
何とかして行かねばっ!

前日夜、「せとやコロッケの会」の小林会長から、
「大井川鐵道の笹間渡駅から、無料のシャトルバスが出ています。
途中10分ほど、歩いてもらいますが…、
反対側から車で迎えに行くから大丈夫です。」
という???な、電話をいただきました。

静岡藁科経由で自家用車で行くか?大井川鐵道を使って、シャトルバスに乗るか?
朝まで、どちらで行くか迷ったあげく、後者を選びました。

1127_1.jpg
大井川鐵道「新金谷」駅です。
JRを使って来るには、藤枝駅~金谷駅で、始発の金谷から乗りますが、
大井川鐵道まで車で来る場合は、「新金谷」駅が便利です。
駐車場(1日最大700円)がたくさんあります。

改札をくぐって、ホームから見ると、
1127_2.jpg
雰囲気がありますね。

1127_58.jpg
往復切符を買いました。

おお、9:19発の電車がやってきました。
1127_3.jpg
千頭や寸又峡の紅葉を観る方々でしょうか?金谷からのお客さんで、
ほぼ満員状態でしたが、何とか席を見つけて乗り込みました。
新金谷駅の売店で買った、「いなり寿司」と
1127_52.jpg
「剥いてある柿」をかじりながら
車窓を楽しむと、「笹間渡」駅に到着!

1127_53.jpg

1127_4.jpg
駅を出ると、翠紅苑さんのバスが待っていてくれました。

1127_5.jpg
秋の景色を楽しみながらドライブ。

1127_54.jpg
工事しているところが多いこと!!

おや、たくさんの車が並んでいますよ。
1127_25.jpg
「ここから降りて歩きます」といわれて、
まっすぐこの道を行くのかと思ったら、そうではない!?
「上から迎えの人が来ますから…」と言われ…、
「上から…???」と思っていたら…、

1127_55.jpg
「えっ?上って?そういうこと!?」
そうなんです。ここから山に入るんですって!?

スタッフの方2人が付いてくださって、先導してくださり、
1127_56.jpg

1127_57.jpg
しんがりも務めてくださり、迷子にならないように見守ってくれました。

山あいの民家のあるところに出ました。
そこに乗用車が数台待っていてくれました。
1127_59.jpg
それに乗り込んで…、
1127_6.jpg
会場に向かいました。

ここからは、こちらの記事で。
シンポジウムのことは、こちらで。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。