So-net無料ブログ作成

ギャラリー散歩Vol.82 吉蔵「和のある暮らし展」 at 松坂屋静岡店 [ギャラリー散歩]

静岡の指物家具の「吉蔵」さんの展示会が、松坂屋静岡店で始まりました。

0825_4.jpg
創作李朝家具の「サランバン」シリーズのソファがステキです。
「サランバン」というのは、李朝時代の貴族の書斎・舎廊房(サランバン)。
舎廊房(サランバン)に集う貴族は、風雅を愛し、品格と質実の美が尊んだそうです。
その舎廊房の格調高い家具スタイルを基に創作したのが、
書院風李朝家具シリーズ・サランバン。
書院、サロン、また東洋の平床(カウチ)スタイルなど、
穏やかな時間空間をしつらえる家具シリーズです。

0825_5.jpg
キリムや絨毯は、オールドの年代物だとか。

0825_6.jpg
さらに、「シズオカ[KAGU]メッセ」にて県知事賞を受賞した
「掌(たなごころ)の厨子」。
祈りの家具を、仏具としてだけでなく、
さりげなく香立、花入、ベルなどの銅器を並べて、
普段遣いの提案をしています。

0825_7.jpg
こちらは、いただいた葉書。
3年前の9月。駿府公園の紅葉山庭園での展示の時に撮られたものです。
この展示は、三線おやじと伺った思い出深いものでした。
こういうところでも、ふと思い出されることがあって、びっくりします。
一緒に出かけておいてよかったなあ~、
その日のブログを書いておいてよかったなあ~と、しみじみ思います。

おっと、思い出に浸っていてはいけない!
「吉蔵」さんの展示はこちらです。
0825_8.jpg
お時間がありましたら、おでかけください。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。