So-net無料ブログ作成

「タタミベンチ」ができあがるまで その2 [タタミベンチ]

1/21(木)の作業の続きです。

買ってきた板に、ネジを取り付ける位置などの寸法を測って印を付けます。

そこで登場するのが、この道具!
01_21スコヤとケビキ.jpg
「ケビキ」と「スコヤ」です。
おやじの道具箱では、よく見かけていましたが、
ぱらぽんが使うのは初めての道具。
なので、ちょっと説明させていただきます。
(おなじみの方は、飛ばして読んでね!)

「ケビキ」は写真左の道具で、
棹(さお)というL型に曲がった刃物と定規板が付いていて、
印を付けたい寸法に合わせて、それらをスライドさせてネジで固定。
材料の側面に当てて引くと、刃先で印が付けられるもの。

「スコヤ」は写真右の道具で、
表裏に目盛が付いていて、L字型で正確な直角のガイドとなるもの。
語源は英語のsquareがなまったものだそう。

写真は、刃先を10mmになるよう、調整しているところ。

01_21ケビキ.jpg
材料の板に、ケビキをこのように当てて、
向こうから自分の方へスライドさせると、
板の端から10mmの正確なラインが引けるわけです。
このとき大事なのが、板からケビキを離さないようにスライドさせることで、
これがけっこう難しい。
木の目がまっすぐな時はいいのですが、
木目が曲がっているときは、その筋にはまってしまい、
ラインが曲がってしまいました。
筋に負けないでまっすぐ10mmのラインを引く。
でも強く引くと、深い傷になってしまうので、それも気を付けないとね。

まずは、ベンチの畳を乗せる部分の平板の印付け。
その図面はこちら。
ベンチ平板.png

ケビキで端から10mmの印を付けたら、
今度は152mm間隔で、ネジの位置を印します。
01_21ビス穴寸法2.jpg
こういうときは、152mm、152mm、152mmというように測るよりも、
152mm、304mm、454mmというように、累計にして印をした方が、
間違いが少なく、わかりやすく、速いそうです。

印を付けたら、ポンチという道具で、
ネジを取り付けるところに、小さな傷の目印を付けます。
01_21ポンチ1.jpg
ポンチを使っているところ。

01_21ポンチ2.jpg
ポンチでマークしたところ。

側面の板の図面はこちら。
ベンチ側板.png

それを支える部分の図面は、こちら。
ベンチ側板保持.png

ベンチの長さが長いので、何人かが座っても真ん中で沈み込まないように、
中板の支えも入れることに。

その図面は、こちら。
ベンチ中板.png

ベンチ中板保持.png

01_21支持棒寸法.jpg
その支えになる棒にも、印を付けて…、

01_21支持棒ポンチ.jpg
ポンチでマークします。

今回は図面ばかりになっちゃいました。
図面をクッリクすると、別枠で大きくなります。
それをプリントアウトすることができます。
A4の用紙を用意して、プリンターの設定を用紙サイズに合わせれば、
A4サイズでプリントされます。

この続きは、「『タタミベンチ』ができあがるまで その3」で!
次回は、下穴開けに挑戦です!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。