So-net無料ブログ作成
検索選択

手探り半纏物語 [ぱらぽん縫物屋]

12/25(木)から作り始めた、息子の半纏製作の物語です。
いまいち不安ながらも、何とかまあ裁断と印付けをして、
和裁は本来、手縫いが原則かと思いますが、
この半纏は、独り暮らしの息子が使うものなので、
丈夫が第一!と考え、なるべくミシンで縫っちゃいました。

以下、綿を入れる過程です。
とはいっても、これはあくまでも手探りの記録なので、
作り方の説明とは考えないでくださいね。
一応、大妻コタカさん監修「新しい和裁全書」を参考にしています。

綿を入れる前。このように置きます。
12_28綿乗せ前.jpg

その上に、綿を置きます。
12_28綿乗せ.jpg
下は、すそ線より6㎝位下まで。
物差しが置いてあるところが、すそ線。
上は、前袖丈分をはみ出させておきます。

下に折り曲げてあった、裏身頃を上に伸ばし…。
12_28真綿乗せ.jpg
薄く伸ばした真綿を引きます。
真綿は、すぐにくっつきやすいので、身頃の布と綿をくっつける役目もあるらしい。

上から綿を下ろしてきて、前身頃と袖に乗せます。
12_28綿乗せ完了.jpg
さらに、脇から前身頃に綿を廻します。

ここからが、綿入れの妙技!
12_28半返し.jpg
下側になっていた、表地の前身頃を引き出してきて、綿をくるむ。
半分やったところ。

もう半分も同様に…。
12_28返し終わり.jpg
ひっくり返し終えたところ。

これに、衿をきちんとかがり付ければ…、できあがり!
12_28半纏完成.jpg

写真で見せると、あっという間のように見えますが、
これがなかなか、悪戦苦闘でございました。
細かい作業の説明は省略しています。

まあ、何とか袖が通るようになったので、いいことにしよう!
ここまでの全ての過程で、分からないことだらけ。
やっぱり、夢に出てくるお告げ方式は、実現ならず…、残念!
でも、この経験を踏まえて、来年は、ちょっと習います。
綿の入れ具合も、ぼこぼこで、へたくそですが、
この半纏、ちょ~~~~~、暖かいですよ♪
膝に掛けて、衿をくけているとき(縫っているとき)、
足がとってもほんわかしていました。

近ごろ息子が暮らす北海道は、ものすごく寒いらしい。
お正月には帰れないようなので、代わりにあったかい物を送ります。
自分自身に負けないで、しっかりがんばるように!」
明日、荷物を出します♪
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

小枝

凄い!ぱらぽんさん完成ですね!私も過去何着が縫っているのに、本を読んでの説明だけでは、綿入れに疑問だらけで・・・一体どうやって作ったのか・・・・???でしたが、少し思い出したようです。
息子さん喜ぶでしょうね!お正月に来ないならなおさらです。
きっとお母さんの気持ちが伝わりますね!

我が家の長男は今日帰省しましたが・・・さっそく友達と忘年会です。(笑)私も勉強の為に、息子たちに「半纏」作ろうかなと思いました。

by 小枝 (2008-12-28 23:33) 

ぱらぽん

小枝さんが思い出したら、鬼に金棒ですよ♪
小枝さんが半纏を作るところを、ぜひ見学したいです。
裁断と印付け、縫う順番、どこまで縫うか、など、疑問がいっぱいでした。
それから、やはり襟付けは難しかったです。
共布で掛け衿を付けたので、ちょっとごまかしましたが…。
来年は、ご指導よろしくお願いいたします。


by ぱらぽん (2008-12-29 07:32) 

お名前(必須)

本を読んでもよくわからなかった綿の入れ方が、やっとわかりました!
今は夏ですが、秋口にがんばって半天作ろうと思います。
とても参考になりました。
ありがとうございます。
by お名前(必須) (2016-07-02 09:30) 

ぱらぽん

お名前(必須)さん、
素人芸で恥ずかしいです。
和裁士だった母に、一族みんな作ってもらっていました。
なのでなくなってしまってから、まごたちが恋しがって…。
一念発起して作りましたが…。
ご参考になれば幸いです。
がんばってくださいね。

by ぱらぽん (2016-07-13 22:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。